Thumbnail for 285

ミルダ・ア・タック6  ~亡国の海自潜水艦~  「女心は花の色」

興味深い記事を見つけました。

「自分は、・・艦長のことを恋しております。」

翌日・・・・・・・・

おはよう。 索敵状況はどう?

ミルダ・ア・タック6  ~亡国の海自潜水艦~  「女心は花の色」 ********************************  つづいていい?

ps    だめ、みたいですね。

やっぱし、こういうのは  受け が良くない

みたい。共感呼べる訳ないもの、期待させて載せるなってことですよね。、、

なんか、反動が来たみたいです。

やっぱ、皆さんの 思うものは描けないかな。

所詮、一人ノートに書くレベルなんですよね、

毎回、分かってるんですけど、つい感違いして偉そうに振る舞ってしまいます。

ごめんなさいです。

Thumbnail for 283

milda7作品回顧録「特務隊 真田」

興味深い記事を見つけました。

milda7作品回顧録:
敏腕特務隊員だった彼は敵組織に脳も体も女性化させられ麻薬的な嗜好性のある化学化粧品を塗りたくられた。そんなある日、特務隊で親友だった真田が救出に来てくれた・・

milda7.web.fc2.com/nyonin2_360.htm

ブログをまとめてみる >

竿の周囲の平坦な陰部が美しい玉なしニューハーフRUYを見てドキドキした

興味深い記事を見つけました。

この作品の主演女優RUYは玉なし、巨根、巨乳の3拍子そろったニューハーフで、オナニーで何度でも行けるという絶倫とのことです。
// <![CDATA[
dugafpwc("540","320","dugaflvplayer-radix-0613","http://click.duga.jp/ppv/radix-0613/18857-01","18857","01")
// ]]>

DUGA – ニューハーフ愛撫 RUY

健康的なボディが魅力ですね。

このRUYさんは巨乳というより、ほぼDカップの、ニューハーフAV女優としては標準的な元気で可愛いオッパイに見えます。

正確には何センチだろう、と知りたくなってネットで色々検索してみましたがRUYというAV女優に関する記事は殆どヒットしませんでした。

このレベルの子が引っかからないはずがない、と思って更に調べると、顔や声が松下瑠衣さんによく似ているような気がします。上の動画の当初の発売は2007年のようですので、7年前の松下瑠衣さんの作品かもしれません。

松下瑠衣さんは自称26才ですから19才当時?19才にしては老けていますね。無理かなあ・・・

松下瑠衣さんである場合は、167㎝で89-68-90のEカップというデータが得られました。

上の動画のRUYの竿の周りを見ると、非常に綺麗な平坦地帯になっています。「昔の陰嚢の名残がだらしなく黒く広がっている」なんてことが全くなく、自分の陰部との違いに異性を感じませんか?私はドキドキしました。

AV作品のセールストークには「巨根」と書いてありますが、客観的に見てフニャチンじゃないでしょうか?玉を完全に取り去って、男性ホルモンが出なくなった身体で、強い巨根がビンビンと維持できるはずがありません。

AV会社に巨根と書かれたのに、フニャチンをさらけ出して、無理にビンビンにしようと頑張っている姿を見て「こいつ、可愛いな」と感じたのは私だけでしょうか?

ベッドの上で喘ぐ顔をアナル側から撮影したビデオで、周りに何もない「平原に柱」のチンチン越しに真ん丸いオッパイが二つ、その向こうに可愛く喘ぐお顔が見えるのがいいですね。

繰り返し動画を再生しているうちに、「このRUYは松下瑠衣である必要はない」と思いました。玉なしニューハーフは何万人も?いますが、RUYの竿の周りは「玉なし中の玉なし」で、「美タマナシNHいいね賞」を差し上げたいです。

くまさんも人間も同じ

くまさんも私たちも結局は同じなのです・・・

Thumbnail for 263

ミルダ・ア・タック4  ~亡国の海自潜水艦~  「曹長の憂鬱」

興味深い記事を見つけました。

海自最新鋭潜水艦「むらさめ」 下士官の航海日誌より  ***********************************

「平成の元寇」と呼ばれた七対国120万の日本侵攻作戦は3日で終結した・・・。

七対国の敗退の発端は 上陸を目指す幾万の兵、
物資、車両を載せた数千隻の後続部隊が


たった一晩で消滅したことから始まる。

が、事後の報道ではそれが何によるものか

明確な記事はなく、「神風の再来」という

非科学的な表現が使われた。


その直後に 七対国から打ち上げられた

1500発の大陸間弾道弾が瞬時にすべて

成層圏上で消滅したことも知る者は少なく、

国民にはまったく知らされていない。

米国はその事実を自国の偵察衛星で確認できていたが

何故か積極的な 七対国への非難行動を行っていない。

そして・・  3日目の深夜、日本九州地方に先行上陸していた七対国の部隊が一夜で消滅した。

何者かと交戦した事実は確かなのだが、目撃者の証言では 「怪物」、「異星人」という

まったく説明のつかないものであった。

総じて、公の報道では 
「天候悪化により兵站船舶群が作戦不能となり上陸部隊も併せて撤収した」というもので
まったく不自然極まりないものであったが

米国、日本、七対国、のその後の申し合わせたかのような不気味なほどの

沈静的、膠着的な態度によりあらゆる事実の追求が頓挫してしまっていた。

まるで何か「第三の強烈な勢力」を恐れているかのような各国の態度であった・・・・

しかし、わたしは知っている。

ひとりの勇敢な自衛官が 自らの身を ある組織に投じたことにより

日本が救われたことを・・・

*********************************************************************************************************

戦いも終盤を迎えた頃

むらさめ艦長は帰ってきた。

変わり果てた姿で・・・・・・・

髪は人工のものではなく
胸も、体も・・・

信じられない変化だった・・

メスクリンの艦に呼ばれ
何をされたのか・・・

しかし 確かに艦長であった・・・

正直、 わたしの心は

何かで揺らいでいた・・・

それほどに艦長は
美しかった・・・・・・

 喋り方も女性の喋り方しか
できない脳に改造されていた。

猛烈な女性ホルモン漬けにされてしまったのか、体といい仕草といいどこからみても女性であった・・・

長く上官として仕えてきた
艦長だったのに
その変わり果てように

かつての勇敢な艦長に抱いていた尊厳さと
今の悲壮感が

わたしの心を
激しく揺さぶる・・・・

その後、メスクリンから補給を受け、沖真名島周辺に残存する七対国潜水艦部隊の掃討行動
を行うため艦長の指揮の下、哨戒活動を行った。

容姿の変化は劇的であったが 艦を指揮する判断、知識は変化なく、むしろ研ぎ澄まされている

美しく聡明な 艦長・・・・

わたしの 頭の中で 禁断の心が 芽生えはじめていた・・・・・


「・・・・・・・・・・・・・・・・は、はい・・どうも酷いようで・・・」

あ、艦長・・・・(髪が・・・)

なんていい匂いなんだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしは 気が触れそうだった・・・

抑えきれない感情・・・・・

・・・・・・・だめだ!!

抑えきれない!!

「艦長!!   じ、自分は 艦長のこと・・・・・・・・」

・・・・・・・続く

ニューハーフが女装しても女装とは言えない